ケイテック株式会社
サイトマップ English Version is here.
HOME ごあいさつ 企業理念 会社概要 アクセス 採用情報

ケイテック株式会社「Business Conference 2016」開催

2016年11月2日(水) 、新横浜国際ホテルを会場として 『Business Conference 2016』を開催致しました。 本年8月に本社移転後、新横浜での初の開催となりました。
当日の様子を掲載いたしましたので、是非ご覧ください。

会場入口 会場風景
[ Business Conference 2016会場 ] [ 会場風景 ]

ご挨拶

パートナー様80社(143名)にご出席頂き、説明会、基調講演、展示会の順で進められ、 コンファレンス冒頭では代表取締役会長 野村の方より、 「創立から幾多の苦難を乗り越え12年目を迎える事ができた事に対して、お取引先様の皆様への御礼と、 本年8月に本社を新横浜に移転し、日本のケイテックから、さらには世界のケイテックを目指す。 規模を追うのではなく、キラキラ輝く中小企業になる」とご挨拶をさせていただきました。
続いて、代表取締役社長 髙橋より、 「本社を宮城から新横浜に移転し、宮城テクノロジーセンターとともに、 2016年度は“転換期”と捉え、“自社ブランド創出”を目指し取り組みを加速する。 これを実現する為には、お取引先皆様のご支援が不可欠ですので、引き続きの御協力を賜りたい」 と、パートナー様へ向けてメッセージを伝えさせていただきました。

会長 野村 社長 髙橋
[ 会長 野村よりご挨拶 ] [ 社長 髙橋よりご挨拶 ]

事業報告、事業部報告、資材部方針説明

説明会では弊社管理部より、昨年度の経営状況好転の実績と今後の事業計画および見通しを説明し、 各事業部からは、事業方針とお取引先様への依頼事項を発表しました。 資材部からは、資材部活動方針とQCD向上への依頼事項に加え、新横浜本社にも拠点をおくことにより、 関東、関西はもとより、中国、中部までのお取引様とのスピーディーなアクセスが可能となる利点を活かし、 共通課題の早期解決にあたる活動方針の説明を行いました。

報告
[2015年度事業報告] [事業部 報告 : 第1、第2、第3事業部] [資材部 活動方針]

基調講演  「Cubic Micro株式会社 代表取締役 中島幸一様 」

ご来賓の方からの基調講演では、「Cubic Micro株式会社 代表取締役 中島幸一様」より、 「IoTがパラダイムシフトを引き起こす」と題し、 「IoTがビジネスチャンスを見出し、従来型ビジネスから新たな事業を創造する事が重要である」 との内容にて、20分間の基調講演を頂戴致しました。
「今後マーケットは2極化へ向かい、生き残れるのは、大型化かニッチリッチの2択となる。 ニッチ市場に対してOnlyOne製品を開発し、新たな市場を創生し開拓していく事(Market-Creation)が必要であり、 今後新たなトレンドが引き起こす問題解決の手段は、IoTの活用。 いま、中東・北アフリカの市場に大きな期待が寄せられている。」 など、大変興味深い御高話をいただき、終了後、会場から盛大な拍手が湧きました。

基調講演1 基調講演2
[ CubicMicro株式会社 代表取締役社長 中島幸一様の基調講演 ]

展示会

商品化を間近に控えた開発品の展示ブースでは、超低消費電力ディスプレイを自動車のコックピットに見立てたデモンストレーションなどが、 多くのパートナー様の注目を集めておりました。 その他にも、弊社の今後の技術トレンドにマッチしたセンシングデバイスのご提案など有意義な商談が行われ、 資材調達においても 強力なパートナーシップを基に、今後の取組みが更に加速し効果を上げて行けることが、 この開催によって確認することが出来ました。

基調講演1 基調講演2
[ 展示会 風景 ]

「Business Conference 2016」を振り返って

今年度は本社移転に伴い、新横浜での開催となりましたが、多数のパートナーの皆様にご出席賜り、盛況のうちに締めくくることができました。 ご出席の皆様には心より御礼申し上げます。
弊社は、2016年度「転換期」と位置付け、お客様、パートナー様とますますの相互理解・信頼関係を強固にさせて頂き、 次なる目標に向かって取り組んで参ります。
ご出席の皆様をはじめ、引き続きのご協力を切にお願い申し上げます。

今後ともケイテックを何卒よろしくお願い申し上げます。
キラキラ輝く中小企業を目指します。

このサイトについて(ご利用条件) プライバシーポリシー Copyright (C) 2005 Ktech. All rights reserved.